パパ活相場について〜合う頻度で変わる〜

デフレ経済でのパパ活について

現代の日本は決して景気が良いとは言い難い状況にあります。
そのため求人数も少なく、雇用が不安定であるのは言うまでもありません。またこうした状況はとくに若い世代の人にしわ寄せがきていると言えます。現在正社員で働いている人が結婚しても妊娠や出産をしても、決してその会社を辞めようとはしません。そのため新卒であっても正社員で働ける枠が非常に少ないのです。そのため正社員での就職をあきらめて、最も割りの良い働き方を模索する若い女性も多くなっています。
そこで多くの女性の考えられるのがキャバクラやクラブホステスといった水商売で働くことです。
こうした職場は、OLをするよりもずっと時給単価がよく、OLよりも贅沢が出来ることが保証されます。またOLで一般企業で勤めたとしても出会う男性と言えば年収400万円前後の所得の少ない男性です。しかし水商場で働けば、さらにハイクラスな男性と知り合うことが出来るのも事実です。
こうした水商売で会社経営者、医師や弁護士、会計士といった社会的ステイタスの高い男性と知り合い結婚する若い女性も多くなっています。またこうした水商売を経験したうえでパパ活をする人も多くなっています。パパ活とは、自分の生活や資金的サポートを行ってくれる男性を指します。自分にパパが出来てしまえば、わざわざクラブやキャバクラに通う必要もありません。自分の都合の良い時にパパと会えばよいのです。パパに会う間隔や付き合いの深さによって支援してもらう相場額は変わってきます。その相場はいくらなのか非常に気になるところです。

 

パパとの付き合いの深さや支援の相場について

パパ活をする女性にとって最も大事なのが、そのパパの資産状況です。
やはり同じパパをもつにしても金銭的に豊かな男性の方がそれだけ支援してもらえる金額相場は高くなるのは言うまでもありません。しかしやはり資産が多い男性となると50代以上の男性がターゲットになってきます。しかしパパ活をする女性の多くは、パパは自分にとって生活を保障してくれる人にしか過ぎないと考えていることが多いと言えます。
そのためパパが幾ら生活の面倒や資金的援助をしてくれたとしても、あまり深い付き合いをしたくなかったり肉体関係を持ちたくないと考える人も多い傾向にあります。一番賢い女性というのはパパと肉体関係無しに、資金的サポートをしてもらうことです。こうした場合には会う間隔を女性が上手く操作する必要があります。
いつでもパパが望む通りに会ってあげたり、要求されるとすぐに身体を許してしまってはいけません。
むしろ手に入りそうで入らない、肉体関係を持ちたいけれどもなかなか応じてくれないといった状況の方が男性は逆にその女性に夢中になってしまう傾向があります。
そのため肉体関係を持っていない方が多くの資金的援助を受けていることもあるのです。パパに生活や資金的援助を受けるにしても、やはり付き合い方は女性主導であり、あまり風会付き合いをしない方が賢いと言えます。付き合いが深く、パパの要求をすべて受け入れてしまい付き合いがパパ主導になると、飽きられて捨てられてしまう可能性もあります。パパ活にはこうした付き合いの深さやテクニックが必要になってきます。